産後のぽっこりお腹、肋骨の硬さとも関連が!?

産後のお腹、思ってたよりも戻らなくてちょっと気になるなぁっていう方、結構多いのではないでしょうか?
私も上の子を産んだ時は「お腹って…産んだらすぐ戻るわけじゃないのか…!!」とびっくりしました。

ぽっこりしたお腹がなかなか凹まないのには、いろんな理由がありますが、あばら骨の硬さもその要因のひとつかなと考えられます。皆さんのあばら骨は硬くなってしまっていませんか?

まずは呼吸をチェック!

まっすぐ姿勢を正して座るか、仰向けに寝て、目を閉じてゆっくり呼吸してみてください。

  • 胸は自然に動いていますか?
  • お腹は自然に動いていますか?
  • どちらかだけになっていないでしょうか?
  • 呼吸は浅くなっていませんか?

 

呼吸が浅いとどんな影響がある?

あばら骨がかたいと、深い呼吸がしにくくなり、呼吸はどうしても浅くなってしまいます。
呼吸は一見、胸周りだけで行っているように思うかもしれませんが、横隔膜とつながりのあるお腹周りや骨盤底筋、背中・首の筋肉も関係しているんですよ。なので、呼吸が浅いというのは

  • ポッコリお腹が治りにくい
  • 尿モレにも関連あり
  • 自律神経のバランスが乱れる

などいろんなことに関連してきます。
特に自律神経は血管の動きや内臓など、意識的に動かせない身体のいろんな部分をコントロールしてくれているので、バランスが乱れてくると体調も崩しやすくなることも考えられるんですよね。産後、なんだか風邪をひきやすくなったな…というのは、自律神経の乱れも一つの要因なのかもしれませんね。

 

あばら骨をやわらかくするには?

あばら骨をやわらかくして、ゆったり深い呼吸ができるようになるためにはどうしたらいいのかを簡単にご紹介しますね。

首の筋肉を緩める

首の前側にある筋肉がかたくなってる方が多いです。ここをやわらかくするストレッチです。

  1. 両方の手のひらで鎖骨を下に押し下げます
  2. 首を真横に倒します
  3. 真横に倒したまま上を向きます
  4. そのまま呼吸を繰り返します
  5. 反対側も同じように行います

胸の前側を緩める

普段から猫背になっている方はここが硬くてあばら骨が動きにくくなっていることがすごく多いように感じます。胸の前側と肩甲骨のストレッチです。
 

  1. 腕を写真のように90度に曲げて柱に沿わせます
  2. 足を前後に大きく開きます
  3. 反対の手で尾てい骨の辺りを軽く押さえます
  4. アゴをひいて
  5. 前の足の方に体重を乗せていきます
  6. 背中を反らせないように注意!

胸の前側を伸ばすエクササイズをもう一つご紹介しますね。柱がない時はこちらでもできます。

  1. あぐらで背中を反らないように座ります
  2. 後ろで両手をつなぎます
  3. 手をおしりから離すように肘を伸ばして肩甲骨を寄せます
  4. この時アゴがあがらないように注意!

 

体側を伸ばす

首~わき腹にかけて、身体の横側全体を伸ばすエクササイズです。

  1. 椅子に座ります。できれば足台などを置くことをお勧めします。
  2. 後頭部で手を組みます
  3. 肘が内側や外側に入らないように肘を天井に向けます。
  4. 顔も天井の方に向けます。
  5. この時おしりが浮かないように注意!

あばら骨を締める

最後にあばら骨を締める動きを助けるエクササイズです。妊娠中はあばら骨が開いている(アンダーバストが広がっている)ために、呼吸が浅くなるんですが、出産からあまり時間が経過していない方もここがまだ開いている方が多い印象です。このエクササイズは妊娠中の方はやめておきましょう。(上の4つは妊娠中でもできますよーー)

  1. 仰向けに寝ます
  2. 左右の手をクロスしてつなぎ天井に向けます
  3. 息を吐きながら左右の手を押し合います

ぽっこりお腹の要因はこれだけではないので、これですべてが解決するというわけではないのですが、皆さんが身体に目を向けるひとつのきっかけになればいいなと思います。ゆっくり深い呼吸を感じてみてくださいね。