【ケア報告】ウォーキングすると腰が痛い妊婦さん

妊娠中の体重管理のために
ウォーキングをする方って多いですよね?


先月産婦人科のお仕事に伺った際に

妊婦さん
そろそろ体重管理のために
ウォーキング頑張りたいんですけど
歩くと腰が痛いんですよ。
どうしたらいいのかわからなくて…

という方がいらっしゃいました。


腰が痛いままウォーキングはツライ

いくら体重管理のためとはいえ、
痛みがあるままウォーキング続けると
痛みが酷くなる可能性もあるので
少し見させていただきました。

もし同じようなお悩みの方いらっしゃったら
ちょっとチェックしてみてくださいね。

片脚立ちすると左右差がある

妊娠中の方は、バランス崩すと危険なので
壁際などで片脚立ちしてみてください。
左右でふらつき方が違ったり
どっちかでだけ腰に痛みがあったりしませんか?


歩く=片脚立ちの連続

この妊婦さんは痛みはなかったけど
片方だけすごくふらつきがありました。

こういう方の場合、
歩いてる時もこんな状態
ってことが考えられるので
負担が腰にきてしまってるのかも…


そのまま歩き続けると痛くなる可能性あり

ウォーキングでなんとか体重管理を!
と思ってるのに

この状態で歩き続けたら
体重管理どころか、痛みが酷くなることは
十分考えられますよね。


お尻の辺りに意識を

まずはアライメント(骨格)を調整

この方は、股関節周りの問題が大きかったので
まずは股関節を動かしやすくするための
施術を行って状態を整えました。

それだけでも左右のバランスが整って
動きやすくなります。

歩く時に自分で意識

あとはふらつく方の足をつく時

この状態の時

にお尻を少しだけ意識して
歩いてもらうようにすること。

この方の場合はそうすることで
安定感があったためです。


状態を保つためのストレッチ

❶ストレッチしたい側の足を上にします
❷伸ばしていた足を曲げます
❸背骨をまっすぐにして、ゆっくり呼吸

お尻をじわっと伸ばすストレッチです。
歩いた後などにも
やっていただくようにお伝えしたかと思います。


それから1ヶ月後…

妊婦さん
あれから全く問題ないです!

と清々しくおっしゃってくださってました。
経過がわかると私も安心します。


もう何ヶ月か腰痛予防エクササイズのクラスにも
来て下さっているためか
体の使い方もすごく上手に!

きっとセルフケアもうまく
やっていってくださってるんだろうな
とみていて感じます。


このまま快適な妊娠生活を
送っていただけるといいなと思います。