【母親教室】妊娠中はちょっとだけ丁寧に生活を

こんどう
妊娠中のデリケートな体を
どうやったら守れるか
ってことをお伝えしてます

母親教室のテキストを作った

月に1度、産婦人科の前期の母親教室で
20分ほどお時間をいただいてお話をしてます。

今日もちょうど母親教室の日で
今回からは資料を用意して
皆さんにもお配りしながらお話しました。


産婦人科でもらう母親教室のテキストって
カラダや運動のことって
ちょーーっとしか載ってないんですよね。

これじゃ全然足りないなーーって
前から思ってて、
1年も経ってようやく


こんどう
あ、ないなら作ればいいんだ…

って気づきました。笑


腰痛のタネは生活の中にある

妊娠中の体ってね
普段よりもデリケートなんです。

だからね
普段よりもちょっとだけ
丁寧に生活した方がいいなって
私は思うんですよね。

普段は気にしないような
・座り方
・立ち方
・中腰
・寝返り
・抱っこの仕方

そういう細かいところに
実は腰痛のタネってたくさんあります。

☟これはこちらからダウンロード可能です。

こんどう
めんどくさいかもしれないけど
妊娠中の体は
普段とはちょっと違うから
ちょっとだけ丁寧に生活する

それで痛みが予防できるかもって思えば
少し意識できるんじゃないかな

って思って
前期の妊婦さんにそんなお話をすると
皆さんすごく真剣に聞いてくださいます。


骨盤底筋を守るという意識を

すごく疎かにされがちだけど
骨盤底筋っていう
おしもの筋肉を守るっていうのも
女性の一生にとったら大事なことです。

でも、普段はそんなの考えもしないですよね。

この無意識の部分に
母親教室を通して
意識を向けてもらうようにする。

これも私のお仕事かなって思ってます。

こちらもダウンロードできるようにしたいと思います…

快適な妊産婦生活を送ってほしい

私が思うのはほんとそこです。

私が産婦人科で働きたいと思った理由は
妊産婦さんが快適に
笑顔で過ごすことができる世の中であって欲しい。
という想いから。


ママが笑顔だと
みんなが笑顔になれますよね。