お役立ちコラム

骨盤ベルトの意味がある腰痛・意味がない腰痛

産前産後の腰痛=骨盤ベルト
ではないんですよ

議論され続けるベルト問題

専門家の中でも
答えが全然出ないベルトの話。

そう。
答えは出ていないのですよ。

腰痛→とりあえず骨盤ベルト
恥骨痛→とりあえず骨盤ベルト

簡単に解決するものじゃないんです。

骨盤ベルトが有効とされてる場合

カナ

いわゆる凝ったような痛みや
重だるいような痛みには
骨盤ベルトはあまり有効でないかもしれません。

有効と考えられるのは
骨盤の骨同士をつなぐ靭帯のゆるみによって
不安定感が強かったり、
元々筋肉のアンバランスなどがあったりして
痛みが出てしまってる場合の方

だったりします。

同じ「骨盤の関節の痛み」だったとしても、

  • 関節面に圧迫があって痛みを感じる人
  • 骨盤の不安定感で組織が引き伸ばされて痛みを感じる人

…と、タイプが分かれたりもするので
実はとっても複雑なんです。

カナ

このタイプの違いによってセルフケアも違ってくるから、難しいけどとっても大事なんです

私はこのタイプを見てから、
骨盤ベルトを模倣した形で
一度動きを試してもらって
有効そうならベルトをお勧めしたりしてます。

つまり、早い話がね…

骨盤ベルトして
楽になるならつけてみる。
楽に感じないなら必要ない。

といった感じでもあります。

使い方が大切

楽になるなら使っていってもいいかも
と思うのですが

カナ

ただし!!!

  • 装着する場所
  • 装着の強さ
  • 装着期間

はきちんと守って使ってくださいね

装着する場所

おへそから左右にたどっていくと
腰骨があります。

腰骨より下に着けます。
股関節にかからないように気を付けて!

装着の強さ

これは商品によるので
きちんと説明書で
方法を確認した方がいいかと思います

が、弾力性のないものの場合は特に
締めすぎには要注意かなと思います。

装着期間

これもはっきり「○ヶ月まで!」という
結論は出ていませんが
ベルトに頼りっぱなしにならないように
気を付ける必要はある
と思います。

ちなみに私自身は
産後1ヶ月半くらい使用してました。

ベルトに頼りっきりにならないために

骨盤が不安定な時期は
ベルトして楽になるなら
使ってもいいのでは?と思うのですが

ママさん

ベルトがないと不安で歩けない

となってしまうほど
道具に頼りっきりになっても
いけないなとも思うんです。

カナ

ベルトはあくまで補助具。
松葉杖を使うのと同じようなものです。

ケガをしたあとなどは
一時的に杖を使いますよね。

でも、その間に筋トレしたり
自分の身体を整えて
いずれは杖なしで歩きますよね。

骨盤ベルトも全く同じ。

産後のリカバリーに必要な
インナーマッスルを正しく整えて
ベルトを使わない方向に
徐々に向かっていくことが大切だと考えます。