産後のぽっこりお腹はどうしたらいいの?

カナ
女性なら産後の体型変化はやっぱり気になっちゃいますよね…

数ヶ月経っても戻らない…

ママさん
産後直後ならまだしも、
2~3ヶ月経っても
お腹が凹んでいかなくて
気になってるんです…

もう生まれたのに、
妊娠5ヶ月なの?みたいになってて…

という方サロンのお客様にも
よくいらっしゃいます。

こんな動作していませんか?

ママさん
お腹が気になるから、
毎回起きる時に
腹筋の運動すれば
一石二鳥じゃない?

という方、いらっしゃいませんか?

カナ
そう思いますよね…
ポッコリお腹が
気になる方も
そうでない方も…

まず産後はこの動きを
やめることから
始めましょう。

ママさん
えっ!?でもこれで
腹筋鍛えた方が
いいんじゃないんですか?
カナ
そう思いますよね。
実は、この動きは、
産後のお腹や骨盤底筋にとって
逆に負担になってしまう
可能性があるんですよ。
ママさん
そうなんですか!?
ずっとこの動きで
頑張っていました…
カナ
この動きだけではなくて、
腰がぐにゃっと曲がる動きは全体的にあまりよくないと言えますね。

腰が曲がる姿勢で考えられる弊害

カナ
寝てる姿勢から頭をあげると、お腹には圧力がかかるんです。
風船を真ん中でギュッとするイメージです。

ママさん
風船の上下が膨らみますよね?
カナ
お腹の筋肉って、
身体の前だけじゃなくて
胴体の部分を
ぐるっと巻いているので、
弱い所があると、この風船みたいに圧力に負けて押されてしまうんです。

ママさん
お腹が余計にぽっこりしちゃうってことですね!!
カナ
そうなんです。
また、経膣分娩だった方は
おしもの方(骨盤底筋群)も弱ってる可能性が高いので、
尿モレにもつながってきてしまうんです…
ママさん
えっ??お腹の圧が
おしもにも関係するんですか?
カナ
お腹の空間って、
・上の壁は横隔膜
・横の壁は腹筋
・下の壁はおしもの筋肉(骨盤底筋群)なので、
それらの弱くなっているところが影響を受けてしまうんです。
ママさん
じゃあ、授乳の時やオムツ交換の時
こういう姿勢になりがちだから、ちょっと気を付けた方がいいんですね…
カナ
そうですね!
産後の身体は一生懸命元に戻ろうとしてるので、
それを邪魔しないようにしてあげることがとっても大事なんです。

どんな風に気を付けたらいいの?

ママさん
でも、ずっといい姿勢を保つのって、すごく大変なんですけど…
気が付いたら元に戻っちゃってます…
カナ
確かにそうですね。
産後は筋力もうまく使えないし、姿勢を保つことそのものがちょっと大変ですよね。

そういう時は、お尻の下にタオルを置いてみたり
背もたれがあるときは、肩甲骨の辺りにクッションを置いてみたりすると、楽に姿勢を保てますよ。

ママさん
そうなんですね!
それならできそう!!
ちょっとやってみます。

インナーマッスルを使う練習

カナ
普段は姿勢に気を付けながら、
インナーマッスルも使えるように練習するといいとされています。
ママさん
どうやってやったらいいんですか?
カナ
上の姿勢をキープしたまま
お腹に力を入れないように気を付けて、はぁ~っと息を吐く練習です。
カナ
実はこれがとっても難しくて正しくできない方が多いんです。
カナ
お近くに指導してくれる専門家の方がいらっしゃったら、ちゃんとできているかを見てもらいながら練習した方が、
効率よくエクササイズができるので、オススメです。

産後の身体を守ること。
将来のためにも
とっても大切だと考えています。
たくさんの女性に届きますように…