抱っこ紐

【抱っこ紐の選び方】種類が多過ぎて選べない人に!

抱っこ紐の選び方

抱っこ紐って本当に本当に
すごくたくさん種類がありますよね。

そして次から次へと
どんどんまた新しいのが出てきます…

基本的な抱っこ紐の選び方

たくさんの抱っこ紐ママさんと
抱っこされてる赤ちゃんを見てきたり
抱っこ紐を調整してきた経験と

今まで勉強してきたことから
私が思う抱っこ紐の選び方を
少しご紹介しますね。

選び方① 赤ちゃんの背中に当たる布が柔らかいもの

この部分の生地の話です。

生地が多少柔らかめのものがいいのかなぁ
って個人的には思います。

その方が赤ちゃんの体にぴったり沿うので
抱っこされている赤ちゃんの姿勢が
いい形でキープされやすいかなと感じています。

 

選び方② 赤ちゃんを高い位置で抱っこできるもの

抱っこしやすいけど
赤ちゃんの位置が高くならないな〜
っていう抱っこ紐もあったりするので
出来るだけ高い位置をキープできるものがいいかなって思います。

その方が腰も楽ですしね。
※おんぶの時も高い位置がいいですよ。

 

高い位置で抱っこするのに
どんなものが具体的にいいのか
っていうのはタイプにもよります。

  • 紐を調整できるタイプ(エルゴなど)
  • 形が決まっていて調整できないタイプ(コニーなど)
  • 一枚布のタイプ(ベビーラップ・兵児帯など)


それぞれ選び方の特徴があるので
ちょっとご紹介しますね。

調整できるタイプの場合

赤ちゃんとママの紐が
セパレートになっていると
いくら紐を調整しても
赤ちゃんの位置が高くならないので

できればエルゴのような
一体型のものがいいかなって思います。

\エルゴの使い方はこちら/

 

 

形が決まっているもの(調整できない)の場合

コニーなど、形が決まっているものの場合は
抱っこ紐のサイズ選びが重要です。

特に伸びる生地の場合、
赤ちゃんの体重が増えるに伴って
赤ちゃんの位置が下がるので
小さめを選ぶことをオススメします。

 

ただ、やはり調整ができないと言うのは
徐々に大きさが合いづらくなるんですよね…
形が決まってる抱っこ紐は
個人的には使用期間が短いかなぁって考えています。

\コニーの使い方はこちら/

 

 

一枚布の場合

一枚布の場合は自分のさじ加減一つです。
高い位置になるように
調整して使うという感じです。

一枚布の抱っこ紐にも
伸びる素材のものと伸びない素材のものがあります。
ただ、伸びる素材であっても
コニーと違うのは調整が効くところ。


巻き方の加減一つで
高い位置をキープすることができます。

 

選び方③ 使うストレスが少ないもの

これは何を優先するかという個人の価値観生活スタイルです。

  • 車の乗り降りが多い
  • 年の近い小さいきょうだいがいる
  • おんぶも抱っこもしたい
  • お出かけはベビーカーが多くてあまり抱っこ紐は使わない
  • セカンド抱っこ紐を探している


例えば…

車の乗り降りで使いたい方

リングで調整できるスリング

  • 背当て布も柔らかいし
  • 装着も楽
  • 赤ちゃんの位置を高くキープできる

 

おんぶの頻度が多い方

ディディクリック伸びない一枚布

  • 高い位置で赤ちゃんをおんぶできる
  • 背当て布が柔らかい

 

上にあげたのは
個人的な私のオススメなので私見が入ってますが
こういう感じで条件に当てはまるもの
選ぶといいかなって思います。

 

ABOUT ME
近藤可那
近藤可那
「産前産後のトラブルを仕方ないで終わらせない」ように、産後の女性が日々を笑顔で過ごせるよう、ケアを提供しています。 ▶︎プロフィールこちら◀︎