【ケア報告】産後に腰が痛くなってあぐらもできなくなってしまったママさん

今日も名古屋は暑かったです。
最近また出張ケアが増えてきています。


暑い中赤ちゃん連れてお出かけは
結構大変だと思うので、
お気軽にご利用くださいね。

地域によって出張費が異なりますので
ご確認の上ご利用ください。

今日も出張でママさんのところへ行ってきました。

産後の腰の痛みはなぜ起こる?

ママさん
腰が痛くなって…片方だけあぐらもできなくて…

という産後数年のママさん。


片方だけっていうのは
やっぱり気になります。


見させていただくと
若干、左の骨盤が外に引っ張られてる感じ。

こちらの図を見てください。

片方の股関節だけすごく外側が硬くて
(この理由は普段の生活の中に多分あります)
そこに引っ張られるように
力が働いているんですよね。


こうなると、ちょっと骨盤には負担が大きくて
痛みに繋がってしまうケースです。


これは結構妊婦さんにも多くて、
元々は骨盤自体が靭帯(図の黄色い線)で
しっかり繋がれてるけど

さっきのと同じ図ですよ

妊娠すると、この黄色い線の部分が
ちょっとだけ緩くなるので
元々この周辺で左右のアンバランスがあると
「妊娠したら腰に痛みがでた」っていう
現象になってくるわけです。


産後も半年くらいは
まだ靭帯はゆるい状態にあるので

この期間
「妊娠中〜産後6ヶ月」は

丁寧に過ごす

のがすごく大事です。



骨盤矯正じゃないですよ。
丁寧に生活するってことが大事です。

丁寧な生活って何?

  • 起き上がる:いちいち横向いてから
  • 座る:お尻の下にタオルをドアストッパーみたいに
  • 授乳:腰が曲がらないように
  • 抱っこ:骨盤に乗せないように


なんてめんどくさい事を…!!!
そんなこといちいちできないーーー!って
思うかもしれないんですけど

この丁寧さが、
腰痛の予防であり
将来の自分のため
でもあると
私は思っているんです。


ケアをしたらその場で結果は出ますが…

今日のママさんも
ケアをしたら、その場であぐらもできるようになりました。

あぐらは上の図とは別の理由でしたよ


ちゃんとその人にあった事をすれば
その場で結果は出ます。

あれ?動かしやすいな
ってことにはなります。


ただ、これで終わりにしちゃうと
結局また元に戻る可能性があります。

なぜかというと、
元々の生活の仕方の中に
その原因が隠されていたから。

  • 体の使い方を覚える
  • その状態をキープするためのエクササイズをする

などのセルフケアを自分で重ねて
痛みの予防を自分でしていくことが
私はすごく大切なんじゃないかなって
本当に最近思います。


体のこと、人任せにしないで
何をしたらこの状態を保てるか
何をしたら痛みなく過ごすことができるようになるのか

そんなことも合わせて考えてもらえると
何度も体のケアに通わなくても
よくなるんじゃないかなって思ってます。